甲状腺の女性の病気

よく甲状腺の女性の病気を耳にしますが、どのような病気があるのでしょうか。


甲状腺は4cmくらいの大きさでのどぼとけの下にあり、甲状腺ホルモンを分泌している蝶形の臓器です。


甲状腺ホルモンがないと人間は生きていけません。


日本では甲状腺の病気は比較的多く、成人の10%くらいの人が甲状腺の異常が認められていて、女性は男性に比べて2〜5倍くらい多く甲状腺に異常があるそうです。


甲状腺の病気には、バセドウ病や慢性甲状腺炎(橋本病)、亜急性甲状腺炎や無痛性甲状腺炎などがあります。


バセドウ病の原因はよく分かっていないようですが、体質が関係していると考えられているそうです。


バセドウ病の症状としては、体の中に甲状腺を刺激する自己抗体ができて、甲状腺が刺激され腫れて大きくなってホルモンを必要以上に分泌をするようになるので、体重減少や動悸、体の火照りや手の振るえなど甲状腺ホルモン過剰症状が出てきます。


目が飛び出て見えたり、ひどくなると不整脈を起こして心不全になることもあります。


Read more "甲状腺の女性の病気"

女性の病気エイズ

最近女性の病気の中で、エイズに感染している女性が急増していて、特に若い人や子供の感染者が多いそうです。


2003年のHIV・エイズの女性の感染者は、成人が1700万人で子供が210万人もいるそうです。


若い女性は若い男性の約1.6倍ものHIVやエイズに感染して、サブ・サハラ・アフリカ地域では成人感染者の57%が女性の感染者で、HIV陽性反応のある若い人の三分の二が女性と子供だということです。


なぜサブ・サハラ・アフリカ地域では女性のHIVやエイズ感染者が多いのでしょうか。


男性による女性や子供たちへの暴力で、エイズウイルスの蔓帝を助長しているのが原因だそうです。


子供たちの最初の性体験のほとんどの場合が強制されたもので、生涯に5人に1人の女性が強姦未遂や強姦を経験するということです。


Read more "女性の病気エイズ"
 | HOME |