女性の外陰部の病気

女性の外陰部の病気には外陰ヘルペス(性器ヘルペス)、尖形(せんけい)コンジローム、外陰掻痒(そうよう)症、外陰部の炎症があります。


外陰ヘルペスは、ヘルペスウイルスの感染で起こる病気です。


ヘルペスウイルスに感染してもすぐには発症せずに、ストレスや過労、妊娠中や月経前後などの体力や抵抗力が低下している時に発症することが多いのです。


性交時や指や手の接触だけでも感染してしまいます。


外陰ヘルペスの症状は、痒みが少しあり膣や外陰部に米粒大の水泡ができ、この水泡が破れるととても強い痛みが生じて、排尿痛や歩行困難や高熱を伴うこともあります。


外陰ヘルペスは治療して完治しても、再発しやすい病気です。


尖形コンジロームとは、小陰唇から肛門までのところに先の尖った小さいイボがたくさんできる病気です。


イボは、白〜ピンクがかった色のカリフラワー状や乳白色の粟状大のものなどがあります。


尖形コンジロームの原因は、ウイルスによるものです。


Read more "女性の外陰部の病気"

女性の病気の性病

女性の病気の性病には、クラミジアや淋病、トリコモナスや性器ヘルペス感染症などがあります。


クラミジアは会陰部の痛みや下腹部痛などがあり、子宮頸管炎がおこっておりものの量が増えます。


自覚症状がないので感染しているのかが分からないそうですが、放置しておくと卵管炎などになり不妊症の原因になります。


淋病は性交渉で感染する性病で、淋菌性頸管膣炎などを引き起こします。


外陰部に炎症を起こして、分泌物を出す腺が詰まりバルトリン腺嚢腫になります。


また淋菌が尿道に入り尿道炎や膀胱炎になり、排尿時に痛みを感じたり膿が出るようになります。


淋菌が子宮にまで入ると、淋菌性膣炎から子宮頸管、子宮内腔に進み子宮内膜炎になり酷い場合には、淋菌腹膜炎を起こすということです。


Read more "女性の病気の性病"
 | HOME |